トップページ > スタッフブログ > 負債・純資産とは

負債・純資産とは

 前回、資産とはどういうものなのかご説明いたしました。今回は、貸借対照表の貸方の部である、負債と純資産についてみていきたいと思います。

 まず、負債とは将来的に、金銭などの経済的資源を引き渡す義務があるものを指します。負債は、対策対照表の貸方にある「負債の部」に計上され、流動負債と固定負債の2つに区分されます。

<流動負債>

 流動負債とは、営業取引によって発生した債務や、1年以内に支払期限が到来する債務のことです。具体的には、支払手形や買掛金、短期借入金、未払金があります。
 また、通常1年以内に使用される短期負債性引当金である、賞与引当金なども含まれます。

<固定負債>

 固定負債とは、通常の営業取引以外で発生し、返却期日が決算日から1年以内に到来しない債務のことです。具体的には、社債や長期借入金があります。また、通常1年を超えて使用される長期負債性引当金である、退職給付引当金なども含まれます。

 次に純資産とは、資産から負債を差し引いた額となります。簡単に言うと、出資金と利益の蓄積分が純資産となります。純資産には以下のような区分があります。

<株主資本>

・資本金:株主からの出資金を組み入れたもの
・資本剰余金:出資金のうち資本金に組み入れなかったもの
・利益剰余金:営業活動の成果である利益の内部留保金
・自己株式:取得している自社の株式

<株主資本以外>

・評価・換算差額金
その他有価証券評価差額金や繰延ヘッジ損益
・新株予約権

となっています。純資産は難しいので、詳しくは今度ご説明できたらなと思います。

BYあや


各サービスの料金表はこちらからご確認いただけます。

即日見積もり

導入の流れ